FC2ブログ
2007-04-14 Sat
お疲れさまでした☆
2週連続のSPEED-iD参加でした♪
House of HorrorsのBassのみに限りなく近い部分で
シールドを引っこ抜くとか(かんなり冷静に接続し直した自分だったと思うのですが…すびばせん!)、セットリスト最後の
Method to Killで下手2名、揃ってAメロ-1をなぎ倒すという
ゲストプレーヤとしてはあり得ない失態をしたものの
(ホントにすびばせん!!)
皆さんの優しさに甘えて、楽しかったで終とさせて頂きます(><;)

Demons参戦の蛇たち、良い子たちすぎ!
そんでもって巻かせてもらったら、温かだったことに、自分の固定概念の偏りに吃驚。そりゃ、温かなところにいたら、あったかくなるんだよね☆
うーん、頑張ってた、蛇たち、全行程巻いたまま有言実行した音処長。お疲れさまでした☆写メしたのですが、蛇たちがきらきら光り過ぎちゃって、使えたものではありません。他の方の写真up待ちですね☆

朝までコースで中打ちで、帰宅して仮眠程度で
元気はつらつ、なわけがなくwww
なんでこんな時間に日記書いているのかと言いますと。
全く意味のわからん電話が(苦笑)

AM9:57 非通知設定で電話が鳴る。
(クールダウンに小説一本読んで、やっと入眠できそうなときだったのよ。)
「あれ、寝てた?寝てたでしょ?」
相手は片言?の関西弁らしい発音で、
「ダイ」と名乗る男(声からは年齢不詳)、
滑舌は結構しっかりしていて、声に特徴がないわけではない。
しかし、喋り方はやけに高圧的。
でも、自分のなかではどの「ダイ」ちゃんにも繋がらない。。。
「もしかして、オレのこと忘れてる!?」
ええ、思い出せませんが…とりあえず濁しておく…
「ねぇ、酔っぱらってるの?頭廻ってないの!?」
「今日、遊ぼうよ、駄目!?また遊ぼうって約束したじゃん? 今日駄目!?」
えぇと…思い出せもしてない方と思い出せもしない約束(社交辞令で約束とか、嫌いなタチなので、まぁ、ねぇだろうなと、確かに廻りの遅い頭を懸命に働かせて「ダイ」を検索し続けるも、
なんだかやはり可笑しい。
ちなみに何処のスタジオですか?聞いてみる、一応。
遊ぶってのならセッションだよね?と解釈。
それでも。先程まで打ち上げで。多分、睡眠を摂るべきなんだと思います、自分。なので今日は勘弁して下さい。これは本心。
っていうか、お会いしたのは、何処のハコですかね、どのEventですか?
「えー、忘れちゃったの、オレのこと」
若干思い出せていないかもしれない可能性を考えると痛い訳で。
もいちど、では前回は何処でお会いしましたかね、聞いてみる。
「ホテル」
は???
何処の国のホテルですか…今回の旅行でもオステルかホステルにしか宿泊していないし、2つのホステルの食堂でも日本人には一切会わなかった(オテルで一度だけ、室内の照明が暗過ぎるから、階段といってもそこも暗めだけれど…まだましな階段で書き物をしている日本婦女子一名にあっただけだ。)可能性ゼロ。
遡ると、ムニムニ参加時の大阪ツアーではホテルという名の宿泊施設に泊まりましたが、同行メンバー以外と、会話してません。というより、打ち上げ会場から帰ってきたあとかなりw、剣呑な空気の中だったため、メンバーさんともあまり会話が成立していなかったのをくっきり覚えていますし。それ以外にホテルだぁあ?一昨年年始、北京では親と兄と一緒だったため、まぁ、いろいろあって、あり得ないホテルに宿泊してましたが、むしろ、政府要人御用達のホテルだから、こんな喋り方をするひとがまず、いるはずもなく。えー。いつまで遡ればいいんぢゃい。

っていうか、非通知設定での電話じゃんか。
ってことを聞いてみる。
「や、今隣りに男とか居たら、表示したらまずいやんか」
wwwww
限りなく100%に近い確率で自分のことを知らん人間から
かかってきた電話なんだなと、ここでやっと判明。
最初に聞けば良かったよ…orz
思い出せもしない方とお会いするのはどうかと思いますし(かんなり苦笑まぢりですわ)
「会えば分かるって!」
いやぁ、全然無理だと思いますwww さようなら。

これは「オレオレ」とかのニュータイプですか…
振込先とか言って下さいよ、
もっと早く気を使わずに切れるから…
電話による通話という不完全さが引き起こすある意味不憫で
ま、こっちにしちゃ迷惑以外の何物でもないですが、
意味不明なコミュニケーションというか、虚しい電話代。

CUT THE CRAPのときは代表連絡先として、
自分のmail addressに絞るまえ、電話番号も載せてたからねぇ。
でも、バンドやっている人間にかけているという予備知識もなさそうだったし、なんなんでしょうね…いったい。
こうゆうの、巷では流行ってるんですか???
っていうか、私の睡眠を返してくれぇ…orz
スポンサーサイト



別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Bassは叩いて愛すのです |