FC2ブログ
2007-07-17 Tue
嗚呼、日は過ぎて~
どこまで遡りましょうかw

かなり怠惰な日記更新具合に
なっていますが。
13日の金曜日前はね。
結構怒涛だったのだよ。
練習→スタジオ→家飲み会→スタジオ…
上記の「スタジオ」部分がそれぞれ別バンドて
具合で、Bassも持ち替えつつ、自分のなかで
チューニング変えたりさw
キャラ変えたりさ(爆)

この、挟まれた家飲みは楽しかったのだ☆
同い年3人女子で♪アイスワインからはじめて
私はワインに、他のふたりは梅酒とかちゃんぽんにw
Band話から、某Event話やら、プライヴェート、エトセトラ。
喋る喋る。だって女の子だものw
なんて、「女子」の話も結構したなw
受け付けられん女子、の話(苦笑)。
否、それは、性別で分けられる生物学的な女子に限らず、
男子にもその「受け付けられん女子」的要素があるの、
居るねぇ、とかw
いや、結局そのひと、その人となりは
音に出んだよ、とかw
「阿吽の呼吸」ってやつ、
傾向として日本男子は求めがちなのだろうか?とかw
解釈違ったらどうするんだよ、ことばにしようぜ、とか(爆)
(あ、日本男子とか言っていますが、フジヤマの面々は見た目やら想像以上に会話ができるひとたちなので、ご心配なく!!)

まぁ、ぶっちゃけた会話に華が咲いたわけだ☆

こういった日を挟んで翌日
iDリハ後に30分程ソファに凭れて仮眠(というか落ちてた)後、
フジヤマギターの伊藤さんが来てくれて
ワンツーマンで刻み、粒揃えのしごき…否、
弦楽器隊の詰めですねw
前回のstudioで、私がguitarの出してるテンション音を
強めに出してしまったのに、他メンバーからNGが出て、
それの修正などは、歌メロ歌いながら~♪
一ヶ月後にはこのテイク、笑いながら聴きたいなぁ、
なんて日もあって。
やっと前々回の日記くらいに繋がって、
COTD観に行って、迎えた13日ですね☆

うん、SPEED-iDさんのサポートは何度目ですか、
でも、「生バンド」としてのSPEED-iDさんは初だったのです☆

現在約2名のドラマーとは毎週studio入りしているのですが、
この二人も出す音、グルーヴが違うのは当たり前なのだけれど。
例えばフジヤマ。iPodを繋いでみれば、100回以上聴きこんでたりする訳だw
フジヤマというバンドは98年からやっているバンドで持ち曲も多いのは当たり前だけれど、私が弾くことになったのはつい2ヶ月前の話(この間に30曲近くも落としてきやがってw)
フジヤマファンであり、サブちゃんファンだけれど、
まさか自分が弾くとは思ってなかったから、
サブちゃんドラムの癖を染み込ませるのに必至な訳ですよ。
かっくいいドラミングだと、本心で思うから、
全然苦痛なんかぢゃ、ありません、勿論♪
色んなタイプのプレーヤがいる訳で、それぞれのやり方もありましょう。でも私は基本、馴染むまで、放っておいても身体が反応するまで弾きこんで、ステージに立つ方なのです、基本。

油断していた。これに尽きる…(泣)
SPEED-iDのドラマー、HALさんのドラミング、
今までは同期有りのHALさんとは何度も合せて来ていたけれど、
クリックなしの、Lab.the basementとかのHALさんの
ドラムだって聴いたことだって、あったけれど、
SPEED-iDでやる限りは~と…
油断してたんだよ、全く。
しかも、Live当日、会場入りするまで、
同期有りなのだろうか、オケなしでいくのだろうか、
可能性は考えつつも…油断してたんだ(しつこいね・爆)
click有りと、ナシとでは、ドラミングって変わるものさ。
うん。って…!おまけに本番アドリブ入り過ぎwww
なんてもろもろ、思いながら、弾いていましたw

はい。つけまつげが、army of the church under the moonの
最中にとれたのは、全くの事故です。
泣いていたのは、大量の汗とともに化粧がなだれ込んできて、
ずっとずっと痛かったからです、
何かに悲しんでいたからではありません(爆)
振り返って、顔が全然違ったのは…事故です(爆)

朝までの打ち上げも濃かった。音処を出るまでも。。。
自分、プリプロの流し込みがあったから、
途中で(というか一杯で)帰るつもりだったのに。。。
この席でのことは書いたら書いたで長くなるし、
公開してよいものやら判断に惑う材料が多過ぎなので、
今日のところは潔く割愛。

翌日は死んでいてw
その翌日からリハラッシュの再開w
実質的な明日、18日水曜日は自分、
フジヤマとしては初のLiveです。
渋谷Guiltyにて。
だけど昨夜も別バンドでリハ入りしてたっていう…
フジヤマにチャンネルを戻さないと!
コルセットに、もふもふスカートから一転、
鯉口シャツですよ、自分でも見物だと思うよwww
スポンサーサイト



別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Bassは叩いて愛すのです |