FC2ブログ
2009-07-17 Fri
にねん
2007年7月17日から、二年。
やはり、短いとも、長いとも、言えない時間のなかを過ごしてきたような気がする。

私は31になって、KeNがならなかった31になって、年齢は追い越して。確実に時間が経過していることから目を背けているわけではないけれど。

全然成長しとらんな、と自戒したりする瞬間の私の心情は一体。逆に随分と許容範囲が増えて、以前ならば、その場でいらり、ばっさり、だったものを、実際のところ、受け入れられるところまではいかないにせよ、流すことができるようになった、そんな変化は、KeNに見せたことのない私なわけで。

あぁ、驚くだろうなぁ、とかその都度思ったり。

たらればのリピートは、しないけれど。
それでも日常のなかの私の感想にも感覚にも(私が確認していたKeNは)いるわけで。ちっとも褪せたりしないKeNは、やはり、認識を新たにしてくれたりするわけではなく、私の知っているKeNでしかないわけで。

はい、今日で二年です。
坂戸に向かう電車内から。
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-09 Thu
BIG BANG WEDNESDAY
drums:中村達也
sax.cl:梅津和時
piano:山下洋輔


でんぢゃらーす(爆)!
いやいやw
先月の六本木とは違って、一般発売のチケットだったので、前の方は元より無理だろう、と思っていたので。
はい、今夜も人垣の間からの垣間見でした(苦笑)

ばっちし、見える位置に居たら…
それこそ、
止まっていた出血がまた流れ出してもおかしくなかったんぢゃ、なんて(苦笑)
まぁ、比喩ですw

そうそう、先月とは、うって変わって、たっつぁんが一番のやんちゃ坊主の立ち位置にwww

山下洋輔さんといったら、親よりも上の世代なわけで。当たり前!
柔らかな、優しい笑顔で終始たっつぁんを見守りながら、美味しい音がきらきらと☆

たっつぁんのドラムも、うたう、うたう♪♪

三人が三人、「自由」を謳歌しているように、私には☆

しっかし、これがジャズなら、ジャズの懐深いにゃぁ(*'-')っていうw!
(特にたっつぁんは)ロックに寄っちまうのは多々w

キックには穴無し、ど真ん中へ垂直にマイク、他、タム、スネアにびったりマイクが付けてあるわけではなく、距離とって、拾う感じ。でも、バランス、ばっちしでした☆

新宿PIT INNでたっつぁんのライヴ、何度も見逃していたのですが!
行けて良かった☆
嗚呼
贅沢な時間でした☆
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-08 Wed
可愛いこぶってみる??
20090708224807
血を拭き取ってもらって。
消毒液とガーゼと、氷をお店から頂いて。
取り敢えずたんこぶ冷やしながら、苦笑が止まらない~♪

写真提供者→有馬ゆえ
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-08 Wed
落下物と流血事故(苦笑)
20090708223924
the fallは、aozoaの持ち曲の曲名なのだけれど。

嗚呼、もう、身を張ったネタ提供者は目指していないのにぃっ(苦笑)
事故です、事故!

写真を、何処まで載せて大丈夫にゃのかな?と思いつつ。
グロが駄目な方は注視せずに!スルーしてくらさい(苦笑)!!

aozoa1月振りのライヴという(苦笑・レコーディング三曲分がぱらぱらと入っていたのもあって??)うきうきな気持ち…で迎えようと、努力はしていたのだけれど…
はーい、どこまで遡ろうか。

ライヴから10日程前。
きっかけはおいておいて。
つまりは免疫力低下で、ちと、体調絶不調に陥っていて。

本来ならば、有馬ゆえの引っ越しのお手伝いを、6月最後の週末に行くはずだったのだけれど、体調の不具合があまりにあまりだったので、抗生物質やらなにやら、投入されたのが、その引っ越し前日で。

で。その抗生物質etc.決まった分量をちゃんとのまなきゃいけないやつだったのですが!

これの副作用が、かっきり、やってきて。
cathyの帰国後、ライヴ前の最終リハの前日まで、ふと気づくと鼻血止まらず!の状態で。
さらさらさらさら。

aozoaのスタジオで流血は不味いだろう、と、結構ハラハラしながらスタジオだったのだけれど(あ、くしゃみ出そう、でも、一度くしゃんとしたら、またもやブラッドリmidoriちんになってしまう、と思って)このスタジオ内の湿度は半端なく高い、だからくしゃみしたいのなんて、気のせいさっ、と自身にマインドコントロールで乗り切り☆

中1日でのライヴ本番。
(前日の土曜日もね、懐かしいメンツでライヴがあるこた、知っていた、けど、行けませんて)

抗生物質の効き目は昨夜までのはず、の、すれすれぢゃない?おいらの体力、というところに!

演奏終えて、bass本体持ってまず退場、戻ってエフェクタ類の撤収。最後にも一度、bassアンプの裏に戻って(もう、トリのバンドさんがステージにあがっていたから邪魔にならんようにね)こそこそと、自身の持ち込みしていたD.Iを、撤収しにいったら!

電源を抜こうと、他のケーブルたちはいぢらないように、丁寧に根元まで手繰っていって…
もう、タップに顔をぐっと近づけ…
と、私が一番ちっさくなっていた瞬間に。

がつっ

んんん~
声が出ない~~♪

痛い!というより、
吃驚( ̄□ ̄;)!!

何が落ちてきたんだろう、と、その落下物、ぐっと握りしめてみたら、ゴム足付いてる…店D.Iぢゃぁないですか…
はれれ…!

光に満ちた楽屋の方にふらふらと立ち入って、押さえていた手を目の前に持ってきたら、あらら、血!
ねばねば~してるな~♪
と思ったら♪

血!って、楽屋の逆サイにいるメンバーに見せてみる、吃驚してくれる(苦笑)
丁度、呼んでいた友人らが楽屋になだれ込んできて。
有馬故とユースケ君が主に傷口を看てくれる、のだけれど。
傷が何処から何処までなのか、わからず、取り敢えず、水で洗い流してこようと、トイレに向かうも、流石の古いビルディング。
付属のトイレはお世辞にも清潔といえるような代物ではなく、ビビる私。
頭突っ込んで洗うのを躊躇って、ちょっと濡らしてみる程度では、全然洗い流せない。

店カウンターのお姉さんに、「すみませーん、消毒液ちょっともらえませんかぁ〓」って、笑顔を向けたつもりが、頭から流血していて笑顔の方が、不気味か!とは想像しつつも。
どんな表情が適当なのかも思いつかず!
勿論、吃驚させちまうわけで。
そのうえ、消毒液は常備していなかったみたいで。
買いに出てくれるという。
にゃおす、ライヴハウスに、消毒液とかの簡単な応急処置キットは、常備されているものだと、思っている私がずれてるのか?あわあわ、と、思いつつ。
すんません、すんません言いながら、お客さんの目につかんうちに、と、楽屋に。

まぁ、ライヴ直後なわけで。
adrenaline?とか、沢山なためか、やはり、痛みは、感じず(苦笑)
多分、あとで独りになったとき、吃驚がひいたときに、痛みがやってくるのかな、とは思いつつw
取り敢えずは痛くないのだから、ネタ提供者になるのは、厭わずwww
写メO.K.よん、て、やってたら、写されたのがユースケ君ショットw

基本的には、どうなったら、病院にいくべきか、わからない人ですからw
今回基準は、タクシーにひき逃げ等れた交通事故時との比較で。
あの時は、全身がダメージだったので、出血の無かった頭の痛みが何の起因か分からず、ちょっと後回しになっていたのだけれど、事故後、4、5日経っても痛みがひいてくるどころか、全然変化なく、痛みっぱなしで、とうとうCTスキャンで、「脳が膨張してますね、危険な状態です」的な(苦笑)くだりだったのだけれど。
頭打って、ある程度の出血が、「ない方が危険」であることがある、と、そのとき知って。
だから、「あー、ちゃんと血出てるから、多分平気~♪」と、何度も口にしていたけれど(苦笑)
一応の経験則だったり!

携帯で、長文をうつものぢゃないですね、もう、3日目!
痛みは、帰宅して、お着替え終えて、ひと息ついたときを5としたら、今日は、信号に間に合わせて小走りしたりするとどくどくするくらいで、1から2ってところ!
結果的に、私的判断で大丈夫なようです☆
お騒がせしましたwww
人間って、結構頑丈です☆
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-04 Sat
ある意味において
衝撃的だし、盲点だったよ
むしろ、その手があったか
numaっち…www

こう、ライヴ前には、バンドマンたちは、「遊びに来てください」という旨のメールを乱発したりするわけで。

地道なことだけれど、大事だったりする。
だから、numaっちからメールもらったんだけど、という電話が私にかかってきたとき、おぉ、えらいえらい、と素直に思ったわけで。

一寸先にオチが待ってるなんて、まぁ、出来過ぎだ。

numaっちからメールもらったんだけどさぁ、『ライヴ告白』っていうメールをさw

ってwww
普通、「告知」のところ。

numaは、それ程までに日常的に『告白』してるから、予測変換の上位にきているのか、とか想像しちまうぢゃんか(笑)

一体何人の方がnumaの『告白』を受けたのか、気になって仕方ないけれど!

意外な一面を発見して。
はい…(笑)
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-04 Sat
はれ、
何だか、嫌な予感、と思ったら。
5月末に書きかけだったメール(ブログはメールでアップしてます!)が未送信のところに入ったままだったというオチ。

元タイトルは、aozoa news…って、ニュースは鮮度ものなので、その大半は削除の対象となるわけで!
以下、一部だけ、コピー。

7月5日日曜日
場所は、WILD SIDE TOKYO

えぇと!
新宿にこの春オープンした、元・club ADDICTのメインP.Aがオープンさせた、ライヴハウスです☆WILD SIDE TOKYO

というか。新しい箱なのだけれど、立地は元ヘッドパワーのあった場所、そのまま。
そう、厚生年金会館前、というか、バルブのど真ん前というか、大きくとるなら「二丁目」真っ只中というか♪
雨降りの日は、地下通路にて、直近まで歩いてきてしまうのが、おすすめです☆

天気予報は、雨の筈が、どうも今日の予報では晴れになるみたい♪

続いては、5月末は未定だった詳細。
title:Whisky a Go! Go!
open:18:00
start:18:30
ticket adv.¥1800
day¥2300

共演:
ベイリム
union society club band
ANOTHER PERFECT PERSON
The Nice

aozoaの出演は、
20:30~21:00
だけれど、18:30から、かおりんのバンドが出演だったりします♪俄かだちゅらday?!

では明日、出来たら、新宿二丁目あたりでお会いしましょう。
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
2009-07-03 Fri
明後日!!
Liveだよ!
新宿WILD SIDE TOKYOにて!
約半年振りのLive。

この、湿度の高い、日本を脱出して、
お花のキレイな、6月のHawaiiに行っていたcathyも
無事に帰国したところで♪
本日、これよりLive前の最終リハ、で
明後日を迎えます。

秋に発売の、オムニバスアルバムの、
全貌が、少しずつ明らかに。
マスタリングはR.I.Pにお任せだったわけですが。
aozoaのカヴァーは、、、
ラストの一曲に~っ。

「季節」を彩る日本の「懐メロ」のcover albumと
いうことだったのですが。

そうそう、aozoaは、秋冬の担当だったので
(春夏のrecはもう、既に済んでいる状態でのオファだったからね)
候補曲のなかから、『秋桜』を選ばさせて頂いた状態だったのですが。

全曲のリストを頂いてみると!
自分自身は、知らない曲が結構あったり。
しかし、普通は、知っているんだろうな。
私が無知なだけなんだろうな、とは、思うのだけれど!
以下に引用公開です☆ぢゃーんっ

1.STILL LOVE HER/SUNN(東京)

2.クリスマスキャロルの頃には/NIZ(東京)

3.春よ、来い/DAVITZ(東京)

4.冬がはじまるよ/umberbrown(東京)  

5.いとこの来る日曜日/NAFT(大阪)

6.真夏の果実/Anny(兵庫)

7.木枯らしに抱かれて/赤象feat.尾川祐司(バミュ-ダ★バガボンド)(大阪)

8.イ-ジュ-★ライダ-/CROMAGARAGE(埼玉)

9.YOU’RE MY SUNSHINE/MIRANOSAND(東京)

10.OVER DRIVE/ピンクタ-ボ(東京)

11.秋の気配/LILY HEADS REUNION(大阪)

12.秋桜(コスモス)/aozoa(東京)

別窓 | 戯言 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| Bassは叩いて愛すのです |