FC2ブログ
2009-10-06 Tue
お疲れさま☆ release party!!
熱かったのです、
頭部がっ(笑)ムービングライトが、こう…びしぃ、と(苦笑)なんて、個人的事情は置いておいて。はい。

入りの時点で強すぎるカレー臭(おっ、字で書いたらやっとまともにw)誰かがご飯を食べたのだろうと思っていて、そのうちに薄まるものだろうと高を括っていたのだけれど、aozoaリハ終了時点でそれは弱まるどころか寧ろ強く香っていて…

もぉ、気持ち悪いぉ……、というか、これは既に吐き気という名前の奴……!と私は完全に弱体化(@_@)
cathyは質の悪い頭痛に捕まっていたし、numaっちは咳き込んでは嘔吐きそうになっていて、のん!大丈夫か!本日のaozoa!と、メンバーそれぞれに体調不安があっただけに?(だけではないはずだけれどもw)30分枠という限られた時間、何だか、ばっちし頑張れちまったのかもしれませんw

そもそも、アウェイな一日になるのでは、と気構えていた部分もあったので、温かなホールの空気には、寧ろ驚きなんかも感じながら感謝の気持ち。


久々に立った渋谷サイクロンのステージは、幕が上がりきった瞬間からがんがんの既視感(笑)そう、懐かしさ一杯☆
活動メインがサイクロンだったのなんて、えぇと…何年前の話でしょう、なのに☆

ステージ後は、貧血なんだか酸欠なんだかのふらふらの波に浸かりつつも、本番をちゃんと楽しんだ実感は有り。


はじめましての対バンさんと話をしていてやっと気がついた事柄。
この五人で集ってはじめて音を出した日から、一年と一ヶ月が過ぎていたという事実☆

それぞれにバンドをやってきた時間が長いだけに、一年という時間はたったの一年、つまり、まだまだ全く新しくって、生まれたばかりの感覚というか、手触り状態であることが当たり前のように感じていたけれど。
打ち上げ時には、もうちょっとまとまった時間をとってちゃんとレコーディング入りたいねぇ(*'-')なんて、欲も出てきたり。そんな話をしていたり。

0829のスリーマンに標準合わせていたこの夏、今振り返るなら、やはり力んでいた部分があったように思えるわけで。色々のどきどきに、気持ちがはやっていたというか。

此処からも試行錯誤なことには変わりはないし(て、何処からだろうが、そして何事に於いてもの話だけれど!)足掻き続けること自体がデフォルトであることに変わりはないのだけれども。aozoaが、歩み始めてる実感がやっと掴めてきたかもしれません!(ま、いつでも錯覚と誤解が私の理解を構築しているのだとしても♪)

4th Oct. sun 
place : Cyclone Shibuya
Compilation album"neo standard collection vol.00 2009" release party
perform with : MIRANOSAND . UMBERBROWN . CROMAGARAGE . ピンクターボ
お疲れさまでした☆ご来場のみなさま、渋谷Cycloneのスタッフ、R.I.P / Z’s関係者のみなさま、対バンのみなさま、ありがとうございました☆
スポンサーサイト



別窓 | 戯言 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| Bassは叩いて愛すのです |